1級FP・宅建士がお届けする情報マガジン

三重県限定の喫茶店「ブリオ珈琲」のモーニングが快適すぎる。

2015年10月に三重県の津にある「磨洞温泉」を訪問しました。
そこか徒歩70分(!)をかけ散歩しましたが、道中も人と接触することなく楽しめました。

津の磨洞温泉の道中
(開放感が溢れる道路。歩いている人が皆無。)



このような素敵な田舎道路をすすんでいくと、眼前に素敵なカフェが見えてきました。

三重のブリオ珈琲
三重のブリオ珈琲

ブリオ珈琲は三重限定のカフェです。

朝食を抜いて朝から歩き回ったので回復するために「ブリオ珈琲」に寄ってみました。
平屋造りの店舗ですが、喫茶店という雰囲気が醸し出されていて素敵ですね。

 

津のブリオ珈琲の外観
津のブリオ珈琲の外観

中に入ってみましょう。

店内は分煙していて、禁煙席も喫煙席も広々としていました。
十分の広さなので、パーソナルスペースもしっかり確保できますよ。

また、名古屋で寄った「元町珈琲」と同じように新聞や雑誌が充実しているので、ゆっくりと文化的なモーニングを楽しむことができます。


客層は、地元の方に受け入れられているようで近所の人たちが集まっていました。
おじいさんが談話に花を咲かせていたり、ビジネスパーソンがミーティングしていたり、外国人女性がスペイン語で会話をしていたり、多様性に富んでいます。

また、ぼくは禁煙席のソファ席に座りましたが、このソファがフワフワで腰が沈むんです。
長居は必至ですね。

 

ブリオ珈琲のソファが快適
ブリオ珈琲のソファが快適

店員さんに聞くところによると、このブリオ珈琲は三重県だけに展開していて、現時点で県内に4店舗あるとのことです。この「津垂水店」もなんと10年目とのことです。

中部地方の珈琲文化の発展はすさまじいものがありますね。

モーニングメニューにエッグベネディクトが!

さっそく注文してみましょう。
朝はモーニングセットがあり、エッグベネフィクトとかパンケーキなどのメニューが選べます。
それぞれ、ドリンク代+450円、350円です。

三重のブリオ珈琲のモーニングメニュー
ブリオ珈琲のモーニングメニュー


特に「モーニングサービスは注目です。
コメダ珈琲と同じくドリンク代+0円でトーストやヨーグルト、ゆで卵をつけることが出来るんです。
つまりドリンクを頼めば無料で食事もついてくるのです。

 

ブリオ珈琲のモーニングサービス
ブリオ珈琲のモーニングサービス

 

朝食をゆっくり楽しみたい人にはおすすめ。
三重県に来た際はブリオ珈琲に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

 

この記事を書いたのは私です

ケンタ
ケンタ
1級ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士。
【経歴】1977年兵庫県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、多種の業界で管理部門をほぼ経験しました!(IT、経理、経営企画、財務、人事、マーケティング)
【得意分野】人生設計やプラン作成、分かりやすく説明したいです。
【趣味】カフェめぐり(日本全国のスタバ旅など)グルメ、ストイックな勉強。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × four =