1級FP・宅建士がお届けする情報マガジン

「お金」を貯めることよりも重要なことは「信用をつくること」である。

今回は「なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?」という本をご紹介します!


本屋をフラフラしているとあるタイトルにひかれて手にとってみました。
「なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?」という本です。

私欲を削り、自分自身を透明な状態に保つことによって、使命に沿った生き方ができるようになり、それが社会にとっての一番の価値創造や貢献につながり、結果的にお金となって返ってくる。

私欲を削るとともに、使命を生きるコツは、できるだけ「持たない生活」をすることだ。

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?より
 
ものへの執着がなくなると、当然ながら私欲も薄くなります。
 
私はミニマリストではありませんが、去年引越した際に大規模な断捨離をしました。
その際、ものだけでなく欲も捨てられて、精神的に安定したことを覚えています。

最近また周りにものが増えてきましたので、また捨てないといけませんね。

今の時代は、信用を貯めるのが一番重要である。

HBS出身者が持つ信用を抜きにして普通の人が彼らの手法を真似たとしても成功はおぼつかない。
僕らが学ぶべきは、彼らが起業してからの事業手法ではない。
むしろ起業”以前”に彼らが貯めてきた学歴を含めた信用のつくり方のほうなのである。
信用を築くために、学校や会社を含め一流の組織に帰属することはやはり有効な戦略である。

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?より

多くの人は起業した人の事後的な経緯に注目しがちですが、実は起業前に勝負はある程度ついているんですよね。
上記にあるように、起業以前に貯めてきた「信用」がものすごく重要なのです。

信用がまったくない状態で起業しようとしても至難のわざでしょう。
資本ももちろん重要ですが、お金以上に信用を築くほうが効率的な起業ルートなのかもしれません。

「信用」とは極上の無形資産である

SNS全盛の現在では「信用」のあり方も少し変わってきています。
筆者は、個人の信用を計量化する指標として以下のようなものを挙げています。
(一部抜粋)

・書いているブログの読者の質と量
・本を出していることとそのAmazonのレビュー
・Twitterのフォロワー数とFacebookの「いいね!」数
・Twitter・フォロワー数の多い人からのフォロー
・レーティングの高い人との関係の濃さ
・Facebook共通の友人数
・学歴・職歴
・年収・税金
・容姿・外見
・使用可能な言語数
・住所
・IQの高さ
・年齢

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?より

「Twitter」のフォロワーや「Facebook」のいいね数などのSNS指標はもちろんのこと、住所や年齢などの個人特性や書いている「ブログの読者の質と量」というアウトプットも信用につながります。

中国では個人信用のレーティングが発達していますので、個人融資を受ける際も個人の信用評価が重視されていますしね。

このように個人の信用というのはこれからの時代は一種の貨幣になると考えられます。

「信用」は極上の無形資産になりうるのでこれからどんどん社会的評価を上げていきましょう。


ところで、本のタイトルにもなっている「ゴッホが貧乏」で「ピカソが金持ち」の理由を知りたいですか?
その理由は本書に託しますが、ピカソの「信用」の作り方にカギがあります。

お金というものは信用と価値の結果にすぎませんので、とにかくまずは信用を築くことから始めましょう。

お金は後からついてくるのです。

この記事を書いたのは私です

ケンタ
ケンタ
1級ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士。
【経歴】1977年兵庫県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、多種の業界で管理部門をほぼ経験しました!(IT、経理、経営企画、財務、人事、マーケティング)
【得意分野】人生設計やプラン作成、分かりやすく説明したいです。
【趣味】カフェめぐり(日本全国のスタバ旅など)グルメ、ストイックな勉強。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 3 =