1級FP・宅建士がお届けする情報マガジン

【やや難化?】2019年1月にFP3級を受験した体験記。

私の2019年の目標はずばり「FP(ファイナンシャルプランナー)2級」と「宅建士」の資格取得です。

去年宅建士に落ちたので、今年にかける意気込みは違いますよ。  

そして、今年の資格の第一弾は「FP3級」です。
今日さっそくFP3級を受験してきたので、いち早くその体験記を述べますね!  

FP3級の合格率はどれくらい?

2019年1月にFP3級を受けてみた  

正直に言うと、FP3級の難易度はかなり低いです。残念ながら簡単です。

なにせ学科は2択問題30問、3択問題30問の60問。
正答率も6割を超えれば合格なのですよ。
実技も3択問題20問で6割の正解で合格! いかにも簡単そうですよね。  

さて、実際の合格率はどうでしょうか?

最新の合格率(2018年9月)は

学科が61.64%、実技は個人資産相談業務 51.46%、保険顧客資産相談業務 34.32% 

となっています。
ここ数年の合格率の推移を見てみても50%台〜70%台という感じなので、合格しやすい試験といえそうです。

 

実際にFP3級を受けてみてどうだった?

FPの試験は午前は学科で午後は実技というスケジュールなのですが、一言で言うと時間があまります。  

学科が10時から12時だったのですが、9割以上の方が1時間で途中退席するという感じでした。
私はゆっくりめで解いたのですが10時30分には全て解き終わり、ヒマ。


皆さんも同様な感じでしたね。
早々に完了した模様でヒマをもてあましていました。

そもそもこの試験は知識詰め込み型なので、試験時間はそんなに必要ないんですよね。

運営側はもう少しタイムスケジュールを考えてほしいです……。    

午前11時に試験場を出て、午後13時までの2時間を試験会場の周囲で時間をつぶさざるを得ませんでした。

ああ、これで日曜日がつぶれるのもったいない!!    

そして午後の実技は13時30分から14時30分の1時間だったのですが、14時にはもう全て完了しました。

別に私が優秀であるとかいう訳ではないんですよ!
解答を終えて周りを見ると、ほぼ全員が試験時間を持て余していましたから。
試験委員さん、もっと時間配分を考えて……。  

FP3級の試験は合格したようですが、やや難化した?

試験当日の17時30分に解答が発表されるので、早速答え合わせをしてみました。
結果的にこんな感じになりましたね。  

あんなに「簡単」とか言っておいて、学科に関しては8問も間違えていました!
す、すみません!!  

ただ言い訳するわけではないですが、学科に関していうとFP3級は少し難化しているように思います。  
たとえば、24問目の高さ制限とか。 これ、宅建士で勉強する内容なのにFP3級で出題しちゃうんですね!びっくり。

あと39問目の地震保険の割引制度の割引率もかなりマニアックかと思います。
今回のFP3級の問題は捨て問がかなりあったので、満点取るのは難しかったのではないでしょうか?  

ただ、満点をとらなくても6割をおさえれば大丈夫なんですよ。
満点とる必要はない! 捨て問で間違えた箇所は復習して次に活かしましょう。  

次のターゲットはFP2級です。

マークミスさえなければ合格は確実。
次は5月のFP2級をターゲットにします。
そこで、もし「私もFPを勉強しているよ」という方がいればぜひ情報交換しましょう!  

それでは今日FPの試験を終えた皆さん、お疲れ様でした!
ゆっくり休んでまた頑張りましょう! そうそう、翌日は絶対に見直しをしましょうね!  

次回記事:FP3級の受験料6,000円を回収する勉強法【受験翌日が大事】  


【関連記事】
▼FP1級まですべて独学で一発合格したので、身も蓋もない勉強方法を書きました。

この記事を書いたのは私です

ケンタ
ケンタ
1級ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士。
【経歴】1977年兵庫県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、多種の業界で管理部門をほぼ経験しました!(IT、経理、経営企画、財務、人事、マーケティング)
【得意分野】人生設計やプラン作成、分かりやすく説明したいです。
【趣味】カフェめぐり(日本全国のスタバ旅など)グルメ、ストイックな勉強。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + 3 =