1級FP・宅建士がお届けする情報マガジン

大阪で1500万円のベンツを見ながらお茶できる穴場カフェ「ダウンステアーズコーヒー」

ずいぶん前に知人から「大阪に穴場のカフェがある」と教えてもらいました。
なんとベンツを眺めながら食事やお茶が楽しめるというのです。

ということで早速行ってみました!

ベンツまで至近距離!「ダウンステアーズコーヒー」


大阪駅近くのグランフロント大阪北館にそのカフェはあります。
カーディーラーの車が展示してあるスペース横。

大阪(梅田)のベンツカフェ「ダウンステアーズカフェ」
大阪(梅田)のベンツカフェ「ダウンステアーズカフェ」

このカフェの売りはなんといってもベンツでしょう。
3台のベンツを至近距離に眺めながらお茶できます。

車好きにはたまらないカフェですね。

大阪(梅田)のベンツカフェ「ダウンステアーズカフェ」
高そうなベンツです。

これだけ高級車を見せつけられると物欲が刺激されますね。
日本の消費に貢献しそうなカフェです。

大阪(梅田)のベンツカフェ「ダウンステアーズカフェ」
これも高そう。

また、座席とベンツとの距離が近いのでベンツが楽しめるんですよね。

大阪(梅田)のベンツカフェ「ダウンステアーズカフェ」
ベンツとの距離が近い!


ちなみにこの白のベンツの値段はなんと1477万円
他のベンツは350万円〜500万円台とリーズナブルな(?)値段ですよ。

350万円が安く思えるので危険です。

朝食にはアサイーボウルのセットがおすすめ。

こちらの店舗の営業時間は9時〜22時です。
私は9時30分ごろに来店したのですが、かなり空いていました。

というのもダウンステアーズコーヒーはグランフロント大阪の奥側にあるので、大阪駅からはちょっとだけ距離があるんですよね。

したがって必然的に穴場カフェになりえます。

朝食を食べようと思い、「アサイーボウル」のセット(600円)をオーダーしました。
注意すべきはセットドリンクがアップルジュースしか頼めないことですね。
本当はカフェラテが飲みたかったのですが、とりあえずセットで頼みました。

ダウンステアーズコーヒーのアサイーボウル
ダウンステアーズコーヒーのアサイーボウル


アサイーボウル!
フローズンフルーツの下にはアサイーがシャーベット状で提供されます。
彩りが鮮やかですね。美味しそう。

ダウンステアーズコーヒーのアサイーボウル
ベリー系の赤が鮮明です。

実際に食べてみるとフルーツのサクサク感がいいですね。
ただ、基本的にフルーツもアサイーも冷たいので体感温度が下がります。
そのため、こちらのアサイーボウルは冬場より夏場の方が適しています

外国人が多い国際的なビジネスカフェ。

驚いたのは客層が外国人の比率が高いことです。
私の見る限りでは、中国人や欧米人が多くいらっしゃいました。
やはりベンツが置かれているカフェは希少だから外国人も訪れるのでしょうね。

やはり希少価値が高いコンセプトのあるカフェは強いですね。

また、このカフェにはパソコンできるスペースも用意されています。
Wifiもとんでいるし電源もあるので、デジタル作業もはかどりそうですね。

大阪のダウンステアーズコーヒー
こちらの席はビジネス向けかも


1500万もするベンツの前で600円のアサイーボウルを堪能できるのは貴重な経験ですよね。

最近はこのような体験型カフェも増えてきましたので、面白い時代になってきました!

この記事を書いたのは私です

ケンタ
ケンタ
1級ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士。
【経歴】1977年兵庫県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、多種の業界で管理部門をほぼ経験しました!(IT、経理、経営企画、財務、人事、マーケティング)
【得意分野】人生設計やプラン作成、分かりやすく説明したいです。
【趣味】カフェめぐり(日本全国のスタバ旅など)グルメ、ストイックな勉強。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + 11 =