1級FP・宅建士がお届けする情報マガジン

「地面師」から学ぶ資本主義のしくみ

今週、新庄耕さんの「地面師たち」という本を読みました。

非常に面白かったので不動産業に興味があるという人だけでなく、万人におすすめしたいのです。

簡単に概略を説明すると、地面師たち5名が不動産詐欺を行うというストーリー。
地面師の視点から詐欺取引の場面を描いているのでとてもスリリングな臨場感を味わえます。

なかでも目をひくのは大物地面師の「ハリソン山中」なんですよ。
この人の冷徹ぶりにちょっとひいた部分がありますが、それは小説を読んでみて感じてみると面白いです。

さて、この小説を読んでいてふと思ったのが「詐欺師の世界から資本主義の仕組みを学べるではないか」ということです。

ネタバレしない程度に話をすすめます。

詐欺師の取り分に注目したら見えてくる世界がある。

この小説には2回の詐欺シーンが出現します。
それぞれに見どころがあるのですが、私が注目したのは「地面師メンバーの取り分」なんですよ。

「地面師たち」では以下の5名がメンバーとなっています。  

1️⃣辻本拓海:主人公。ハリソン山中と出会い、地面師の仕事を教わる。
2️⃣ハリソン山中:大物地面師にして詐欺グループの首謀者。頭脳明晰。
3️⃣後藤:司法書士。関西弁。
4️⃣竹下:土地情報の収集役。薬物中毒。
5️⃣麗子:土地所有者の「なりすまし役」を用意する。

 

詐欺に成功したら莫大なお金が入ってくるのですが、5人いるから5等分というわけではないのです。
2回の取引を別々にみていきましょう。

まず最初の取引は以下になります。  

マイクホームからだまし取った7億円あまりのうち、3億円が首謀者であるハリソン山中にわたり、最も逮捕リスクが高い交渉役の拓海と後藤が1億円ずつ、応援部隊などの手配をした裏方の竹下が1億5000万円、麗子が5000万円、資金洗浄を経てそれぞれの架空口座に振り込まれていた。

地面師たち

  それぞれの取り分をパーセンテージで表すとこのようになります。

●ハリソン山中➡️3億円(42%)
●拓海➡️1億円(14%)
●後藤➡️1億円(14%)
●竹下➡️1億5000万円(21%)
●麗子➡️5000万円(7%)  


これをみると、取り分がとてもいびつなことが分かります。
ハリソン山中の取り分が42%とすさまじく高いですよね。
フロントエンドで詐欺現場に出ている拓海と後藤がなんと14%の取り分しかありません。
さらに裏方の竹下のほうが50%増しなんですよ。

この配分だけでもすごいな、と思いますよね。

いえいえ、もっと驚いたことがあります。

一番逮捕リスクが高い「なりすまし役」のササキの配分です。
なんとササキには300万円の報酬しか用意されていないのですよ。

詐欺師が受け取る全体の報酬からみるともう端数レベルですよね。  

ハリソン山中の搾取ぶりがすごい

もう一つの取引も見てみましょう。  

今回の案件の取り分は仮に100億円入ってきた場合、ざっくり40億円がハリソン山中に、30億円が竹下に、拓海と後藤がそれぞれ12億ずつ、麗子が6億円となっている。

地面師たち

 この2回目の詐欺シーンがもう本書のみどころなのですが、あえて配分比率に注目してみました。

ここでも上記の配分レートとほぼ変わらないですね。
ハリソンが4割程度もっていきます。
拓海と後藤も12%。

そしてここでも注目すべきは末端のなりすまし役であるタニグチの配分。

当初予定していたタニグチの取り分がなんと300万円なのですよ。  
ハリソンの搾取ぶりがすごくないですか……。

現場に出ずに首謀者というだけで40億を取るという。  

でも、これ誰かと似ていませんか?  

資本主義社会ではハリソン山中を目指そう

私が思ったのは 「地面師の世界ってさながら資本主義そのものだな」と。

地面師の世界では「首謀」するだけで収益の4割もふんだくれます。
資本主義の世界でも「経営」するだけで収益の多くをふんだくれます。

もちろん、いろいろな責任やリスクはとらないといけないでしょうが、現場でのリスクとは比較にならないですよね。

拓海や後藤は前線に出て、いつ逮捕されるかわからないギリギリのラインで戦っています。
なのに取り分は1割程度。

さらに、もっと末端の「なりすまし役」になると誤差レベルの報酬ですよ。

この格差たるや……。

ここで自分を振り返ってみると会社員というのは「ササキ」や「タニグチ」なんですよね。
つまり、会社という組織の「なりすまし役」なんですよ。

人生という時間を捧げているのに受け取る報酬は「端数レベル」。

一方、社長はさしずめ「ハリソン山中」です。
会社経営という「首謀」をすることによって収益の多くを取り分として財布に入れることができます。  

この小説を読んでどう思うかは人それぞれでしょうが、私は「資本主義ではハリソン山中を目指さないといけない」という感想を覚えました。



この記事を書いたのは私です

ケンタ
ケンタ
1級ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士。
【経歴】1977年兵庫県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、多種の業界で管理部門をほぼ経験しました!(IT、経理、経営企画、財務、人事、マーケティング)
【得意分野】人生設計やプラン作成、分かりやすく説明したいです。
【趣味】カフェめぐり(日本全国のスタバ旅など)グルメ、ストイックな勉強。
コメント (1)
  1. タカオ より:

    個人事業主だと搾取する下っ端がいないけど、搾取されるわけではなく、稼いだ分は全部自分のものだから、個人事業主で生きていくのもありですね。会社経営者という大きな山を目指すのもありですが、宅建業やるなら、個人事業主でやりたいかなと私は思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 − four =