1級FP・宅建士がお届けする情報マガジン

盛岡一人旅では「肉の米内」をゴールにすると満足度高い。

2017年8月に盛岡を訪問しましたのでランチレポートします!

盛岡で一人旅は「スーパーホテル」がコスパいい。

最初に盛岡の一人旅のおすすめホテルだけさくっとおすすめします。
今回、空き部屋がある中で条件がよくもっとも安かったのは「スーパーホテル」。
全国で展開しているチェーン店のホテルですが、このホテルは居心地がいいです。

盛岡店は2017年4月にリニューアルしたばかりなので、内装も外観も新しかったです。

盛岡のスーパーホテル
盛岡のスーパーホテル

このホテルには「りんどうの湯」という天然温泉があります。
男女で入れ替え制なのですが、ぼくは深夜1時すぎに入ったので貸切状態でした。

受付のフロアで自分の好みの枕が選べるのもうれしいサービスですね。
この枕サービスのおかげでぼくは熟睡できました。

部屋には2段式ベッドがあり、デスクもありますので部屋で作業などもできます。

盛岡のスーパーホテル
盛岡のスーパーホテルの部屋

朝食も無料でついています。
バイキング形式で、和洋食の種類が充実しております。

盛岡のスーパーホテルの朝食
盛岡のスーパーホテルの朝食

窓側のカウンター席でいただきました。

盛岡のスーパーホテルの朝食
盛岡のスーパーホテルの朝食に満足です。

これだけ充実していて、サービスパック宿泊料金が5,600円
コストパフォーマンスはかなり満足できます。

盛岡一人旅の初心者はまず県庁近辺へ向かおう!

10年以上前に盛岡の友人に会いに旅したことがあるのですが、そのときは「ぴょんぴょん舎」で冷麺を食べて、盛岡城跡公園までお散歩しました。

このように盛岡に初めて訪れる人は大体「盛岡城跡公園」までの道のりで終わってしまうんですよね。

そこでもう少し足を伸ばして県庁エリアまで行ってみましょう。

別の知人に盛岡の歩き方を教えてもらいましたのでその旅程をマップに記しておきましょう。
ゴールは「焼肉レストラン米内」です。

盛岡一人旅
盛岡一人旅の旅程です。ゴールは肉の米内

まずは、岩手銀行赤レンガ館を見学。

岩手銀行レンガ館

この建築物はどこかで見たことがあると思ったら「東京駅」と酷似しているんですよね。
それもそのはず、「岩手銀行赤レンガ館」は東京駅と同じ設計者によってデザインされているのです。

あいにく閉館日だったので中に入ることはできませんでしたが、一見の価値ありますね。

その後、中の橋から中津川沿いに北へ向かって歩いていきましょう。
柳の木がまた風情あり、タイムスリップしたような感じに襲われます。

盛岡一人旅

絶品!盛岡に来たら絶対食べたい「肉の米内」の焼肉。

地元の方には有名らしい「肉の米内」という焼肉屋さんが美味しいと聞いたので、勇み足で向かいます。

駅から徒歩30分くらい 「肉の米内」を発見!

到着したのが13時ごろなのですが、店はお客さんでいっぱいでした。

盛岡の肉の米内
肉の米内の外観

盛岡の肉の米内
観光客があまり来なさそうなので逆に味が期待できます。


米内商店」は岩手の中でもっとも歴史が古い精肉店とのこと。
明治32年創業という伝統ある老舗です。

前沢牛などの国産黒毛和牛を取り扱っておりますので、期待大です。

盛岡の肉の米内のメニュー
盛岡の肉の米内のランチメニュー

ぼくは冷麺(880円)を食べるか焼肉カルビランチ(1150円)を食べるか一瞬迷いましたが、焼肉を食べましょう。

待っている間に「注意書き」に目を通します。

盛岡の肉の米内のメニュー

そして、待つこと5分。前菜が登場!

盛岡の肉の米内の前菜
肉の米内のランチ前菜

そしてカルビの登場。
盛岡の一人焼肉に少しテンションが上がります。

盛岡の肉の米内のカルビ焼肉ランチ

さぁ、一人焼肉がスタートです!全然寂しくないや。

赤みが残るくらいの焼き加減で焼いていきます。

とにかく焼きすぎないことが重要なのですが、あまり焼肉屋に行かない私にとって焼き加減を測るのは至難のわざでした。

盛岡の肉の米内のカルビ


とにかく肉が柔らかいです。
咀嚼がいらないほどやわらかくて、舌の上でとけるような感覚で肉を食べることができます。
タレの味も絶品です。

上質な肉というのはかくも違うのです
もともと上質な牛肉なので脂の融点が低いように感じられるのです。

だからこそ焼きすぎないことが重要なのですね。

著名人も来ているらしく、「ゴルゴ13」を描いている漫画家の「さいとうたかを」さんや巨人軍の「阿部慎之助」のサインもありました。

盛岡の肉の米内のカルビ

「ぴょんぴょん舎」や「盛楼閣」の冷麺を食べる一人旅もいいですが、1時間くらいかけて「肉の米内」を目指して散歩してみる旅も楽しいです。

これで盛岡初心者から一歩抜け出すことができることでしょう。

この記事を書いたのは私です

ケンタ
ケンタ
1級ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士。
【経歴】1977年兵庫県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、多種の業界で管理部門をほぼ経験しました!(IT、経理、経営企画、財務、人事、マーケティング)
【得意分野】人生設計やプラン作成、分かりやすく説明したいです。
【趣味】カフェめぐり(日本全国のスタバ旅など)グルメ、ストイックな勉強。